我が子のように育てた?シェルストレーム

e0064188_1251738.jpg


彼が私のMLユナイテッドをビッグクラブへと導いたと言っても過言ではない。
2005年デビジョン2から初め、せこい始め方をした私。
好きな選手を取れるって方法のことです。
スナイデル、セスクは中盤の底の辺りで使おう。
じゃあ中盤の前は誰がやる・・・?
そんな時に彼の俊敏性、パス精度、テクニックを見て一目惚れ><
そんないきさつで彼を獲得。
私が一番愛情を込めて育てた選手です。
勝手に「悪魔の左足」とネーミングしてます。

そんな彼が衰退を始めました(;´Д`)ア゛・・・
彼の栄光が過去のものになるのか~としみじみ。
思えば、アシストがシビアなウイイレにおいてアシスト王になるのは簡単ではない。
プレイヤーの腕と選手のパス精度やプレイ安定度に左右される。
最初で最後のアシスト王獲得になると思われるのがシェルストレームです。
我がチーム勝利の象徴なのかもしれません。

彼のプレーはドカンと一発です!
破壊力満点のミドルシュート。
長距離からのフリーキック。
そしてキラーパス。
イ・ビョンホン並にキラーな感じです。

この執着ぶりだと10でも獲得しそうです。
・・・・初期能力が強かったらの話ですが。


blogランキングサイトへ
よろしかったらクリックをお願いします。m(_ _)m



ブログランキング
[PR]

  by ballondor7 | 2006-04-05 23:24 | ウイイレ奮闘記

<< チャンピオンズリーグ ベスト4決定! ゲーム脳!? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE