ちょっとよさげ?

U-22日本代表のシリア戦がありました。

家長のミドルシュートを口火に、平山の2ゴールで快勝です。
そして、よくTVで言う、内容のある試合ってのにもなった気がします。

何が!?って言われると、何なんでしょう?(笑

とりあえず、パスワークはそこそこだった。
でも、パスミスが目立った。
今後改善してかないと、強豪国にはあっさり決められるだろうなぁ。
決める人が決めた所がイイね。
平山の2ゴール目、だから3点目ですね。
あれは良かった。
ああいったシーンできっちり決めれてこそ、FWでありストライカーでありエースであると。
平山は相変わらずのドリブルでしたが、ポストプレーとシュート精度は向上したように感じました。
コンディションが良ければあんなもんなのかな?
エールディビジでも一応の成績を残してるわけですしね。

A代表と比べるのは、相手のレベル差もあるので何とも言えませんが、U-22の方が面白かった。
アグレッシブにいけてたし、守備もまぁまぁ。

本田圭が本調子でなくてもアレだけ出来れば凄いと思う。
もう一人の本田も効いてました。
ボール奪取に長けてるとは紹介されてたけれど、ホントに嗅覚もさることながらきちんとカットを攻撃に展開できるテクもあることがスゲー
唯一の大学生って言ってたけど、十分プロで通用しますね!

平山の今後に期待をしてみよ。
[PR]

  by ballondor7 | 2007-03-28 05:49 | サッカー事情

<< なんてったてア~イドル やっほーい >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE