カッコイイセリフを言ってみてぇもんだ

e0064188_23382831.jpg


FF10のアーロンさん。
彼は主人公でもないのにメチャ濃かった。

最期『シン』に突入する前にアーロンと飛空艇で会話すると聞ける一節。

「事が終われば俺は行く 生者のふりも疲れるのでな・・・」
「10年前・・・・・・
 ジェクトの最後の言葉に従い 俺はザナルカンドに渡った
 あの街でずっとおまえを見守るつもりでいたが・・・・・・
 『シン』がザナルカンドを襲ったあの時 俺の考えは変わった
 ぬるま湯のような夢の世界ではなく 厳しくても 生きてそこにある世界
 そんな世界を おまえに感じさせてほしい・・・・・・
 『シン』の眼が そう言っていたのだ
 だからおまえを連れてきた このスピラへな」


かっこいいーーー
マジで。
なんなんでしょう?この圧倒的な存在感。
実際はジェクト(ティーダの父)の気持ちを代弁しているだけなのに。

アーロン教信者にでもなろうか?
たかだか、ゲームキャラ。されど、ゲームキャラ。
少しは影響受けてもいいですよ・・・ね?

いつぞやの、久しぶりのFF10プレイからちょいとハマリ気味w
アーロンさん、死人なんだから無理するなよ(`・ω・´)ノ
ティーダも若くから、漢を学んだことでしょうね・・・
でも、エンディングは・・・

・・・・あ、課題進んでない・・・やっべ。
バカヤローォゥォゥ(」´Д`)」ォゥォゥォゥォゥ





ブログランキング


ワンクリックお願いします☆
[PR]

  by ballondor7 | 2006-07-26 23:37 | ゲームレビュー

<< 白いカラス 報告とラーメン道楽(^0^ゞ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE